カビの一種

歯ブラシに歯磨き粉を付ける

水虫はカビの一種である白癬菌が、足の裏などの皮膚に付着して増殖していきます。 白癬菌が付着しても、石鹸などで毎日きちんと洗っていれば菌も流されるので水虫になる心配もないですが、ブーツなどを長時間履いていると足は高温多湿の状態が続くため白癬菌が増殖しやすく、皮膚の中まで浸透する可能性があります。 白癬菌が増殖すると、皮膚が白くふやけた状態になったり水膨れのような状態になり、痒みなどを伴うのが特徴ですが、水虫は感染症なのできちんと治療をしないと他の人にうつしてしまう可能性があります。 特に家族と一緒に住んでいる場合は、マットやスリッパなどを別にするなど気を付ける必要がありますが、時には一緒に治療をすることも大切です。

水虫にはいくつかの種類がありますが、水虫かどうか判断に迷う場合は医療機関で検査をすればすぐにわかります。 水虫は適切な治療を受けることで完治する病気ですが、白癬菌はとても生命力が強い菌のため、完治するまでには長期間かかることを頭に入れておく必要があります。 一般的に治療には塗り薬が使われますが、爪水虫の場合は飲み薬が使われることもあります。爪水虫は爪と皮膚の間に白癬菌が増殖して、爪が変色したり固くなったりします。塗り薬では奥まで薬が浸透しずらいため、飲み薬の方が短い期間で効果が出やすいとされています。 治療をして見た目には症状が改善されたような思えても、白癬菌が完全に死滅したとは限らないので、しばらく治療を継続することが大事になります。