歯医者と笑顔の患者
治療用器具の準備

難しい診療科

診療科によって扱っている疾患は異なります。皮膚科の場合は皮膚トラブルを取り扱っているのですが、明確な診断が難しいので、病名をはっきり言うことも少ないです。ネットで検索することで、皮膚科の評判を調べることができます。

この記事の続きを読む

歯ブラシに歯磨き粉を付ける

カビの一種

カビの一種ある白癬菌が、足の裏の皮膚に付着いて増殖することで水虫が発症します。高温多湿の状態が長時間続くと、白癬菌が増殖しやすいので注意が必要です。塗り薬を使用することが多いですが、爪水虫の場合は、飲み薬を使用することもあります。

この記事の続きを読む

微笑む女性

肛門の病気

痔は肛門の病気の一種で、肛門から血が出たり、座る時に痛みが生じたりします。昔からある病気で多くの人が苦しめられていますが、現在の医療技術だと完治できる可能性が高いです。

この記事の続きを読む

クリニックの診察台

把握しておく

かぶれ、肌荒れなどの肌トラブルが起きて、皮膚科に行く人も多いです。皮膚科を利用する場合は、どのような薬を処方していて、どのような効果があり、どのような成分が含まれているのか知っておくことが大切です。

この記事の続きを読む

抜歯について

黄色いTシャツの笑顔の男性

親知らずが生えている人がたくさんいます。普通に生えている分には問題がない場合も多いです。親知らずは、睡眠不足やストレスによって、痛み出すことがほとんどです。まや、季節の変わり目にも痛む人もいます。 現代の忙しい社会では、ストレスを多かれ少なかれかかえる人がほとんどです。だから、親知らずの痛みをかかえるひとが減ることはないでしょう。 親知らずは、本来なくても生きていけるものでない方が磨きやすくいい場合もあります。また、妊娠や出産により状態がかわることもあり、その前に抜歯をすすめる歯医者も増えています。 親知らずは、はえかえによっても、抜歯の方法はかわります。最近では、歯のレントゲンも精密なものが増えています。これにより、より最適な抜きかたもできるので、患者にとってもからだの負担も減るでしょう。

親知らずを抜歯することになった場合は、抜歯後の生活に注意も必要です。また、抜くときの体調も考慮しましょう。親知らずが生えていたところに穴があくので、腫れやすくなりばい菌も入りやすいので、免疫力があるときのほうがいいのです。 また、化膿止めを飲むことがあるので、薬を飲むのに制限のある妊婦や授乳中などの人が抜歯ができないのです。また、妊娠をすぐに考えている人も、痛みど止めや化膿止めの薬を飲む期間もある程度考慮しなければなりません。 また、歯茎に埋まっている親知らずを抜く場合は、まわりの歯茎を切開する必要もあります。まわりには神経もたくさんあり、傷がつきしびれが一定期間はあることもあります。抜歯前に、歯医者とよく相談してから抜歯することをおすすめします。